歯科衛生士

【退職代行サービス体験談】後輩が歯科衛生士を辞めたはなし

最近メディアで取り上げられている「退職代行サービス」。仕事を辞めたいが言い出せない本人に代わって退職したい意思を代行して伝えてくれるサービスです。

monaka
monaka
へぇ~そんなことまで他人に頼る時代になったのか

と、他人事のように思っていたのですが、この度私の職場の後輩がこの退職代行サービスを利用して疾風のごとく職場を去っていったのでその体験をまとめました。

はーたん
はーたん
今回退職した子を仮に「Pちゃん」と表現します

突然電話がかかってくる

突然の電話

それはいつも通りの朝。私が出社して診療準備をしていると電話がかかってきました。

monaka
monaka
おはようございます!お電話ありがとうございます!
代行業者さん
代行業者さん
こちら退職代行のニコイチと申します。Pさんの退職の件でお電話しました。ご担当の方はいらっしゃいますか?
monaka
monaka
(・・・退職?ニコイチ?なんのこっちゃ?)はい、少々お待ちください。

院長に電話を代わる。
ここからは院長から聞いた話ですが、実に淡々とした内容だったそうです。

  • Pさんが本日づけで退職すること
  • それに伴う手続きを早急に進めてほしいこと(離職票の作成など)
  • 保険証などはPさんから郵送されること
  • Pさんには直接連絡しないこと、何かあればニコイチを通すこと。

院長も電話の相手がPちゃん本人ではないので詳しい話もできず、退職するという実感がいまいち湧かなかったそうです。

本人とは一切連絡が取れない状態に


Pちゃんがまさか退職!?信じられない!と思った私はとっさにLINEを開きPちゃんに連絡しようとしました。が、すでにPちゃんはアカウントごと消えていました。

monaka
monaka
そりゃ代行使ってまで辞めたいんだから、連絡なんてしてくれるなって思ってるんでしょう。Pちゃんのほうが先手を打って連絡手段を断っていました

つい先日まで会話していたPちゃんとのLINEがむなしく「メンバーがいません」と表示されているのを見て、Pちゃんの退職への決意、職場との決別の決心を感じました。

代行のニコイチさんからも「本人には連絡するな」と念を押されていたので、それ以上はこちらもしませんでした。

電話の次の日に保険証が郵送で届く

退職者が会社に返却するものは貸与品や健康保険証です。特に健康保険証は退職日から5日以内に会社から社会保険事務所に返却する義務があります。逆算すると退職日から2日以内には会社に保険証を持参or郵送しなければいけません。

Pちゃんはそこもぬかりなく、退職の電話の次の日には職場に届いていました。おそらくニコイチさんからちゃんとアドバイスをもらっていたのでしょう。

お手紙が同封されていた

保険証にはお手紙も添えられていました。

  • 突然の退職でご迷惑をおかけします
  • ロッカーの荷物はすべて捨ててください
  • 今後私と私の家族には一切接触しないように

このような内容がワープロ打ちされたていて、紙の一番下にPちゃんの署名がありました。こちらもニコイチさんが用意したものでしょう。

…なんとも味気ない最後の手紙でした。

monaka
monaka
お金をかけてでも辞めたかったんだな…と心にグサッときました

職場はパニック状態

パニック

Pちゃんが出勤予定の日に退職してしまったので職場は人手が足りずてんやわんや。予約で来ている患者さんを待たせたり、治療予定の半分しか処置ができなかった人もいました。

よく「人手不足は会社の問題で社員が気にすることではない」という人もいますよね。その定義ももちろんわかるのですが、さすがに当日の朝に辞めますと言われると、そこから欠員のカバーをするのは非常に厳しいです。

信頼関係は一瞬で0になる

拒否

Pちゃんはそもそも職場に対してはすでに信頼などなかったのだろうと思いますが、代行で退職された私たちも正直Pちゃんをもう信頼することはないでしょう。

働くというのは「人と人」のつながりで成り立つもので、そのつながりを終わらせることを他人の代行に頼んだ時点でお互いの信頼関係は終わります。

代行に依頼するということはそのくらいの覚悟が必要です。

monaka
monaka
辞めたいと一言、本人から言ってほしかった。私が最後に思ったのはそれだけでした。

即日退職の落とし穴

仕事を辞めるのは個人の自由です。誰も無理やり引き留める権限はありません。しかし民法では「退職する意思は2週間前には伝えること」と明記されています。今回のように代行サービスを使うとほぼ即日退職でしょうから、当然引継ぎやシフトの調整もすぐにはできません。業務に支障が出ます。中には会社が大きな損害を負ったとして損害賠償を求められることもあるとか。

退職代行サービスはどこまでしてくれるのか

電話サービス
基本的に代行のサービス内容はコチラ

  • 「辞めます」という意思を職場に伝える。
  • 連絡事項などがあれば伝達する

要するに本人と会社の間に入って伝書鳩をするだけです。

退職に伴う書面のやりとりや、給与・有給の扱いなどを代行で交渉をするとそれは「非弁行為」とみなされ懲役や罰金が科せられます。本来であれば弁護士さんがするお仕事だからです。

仮に損害賠償などを求められた場合、大手代行会社は顧問弁護士さんがいるのでそちらで対応するみたいです。

自分の守るための「退職」の選択はアリ

自分のための選択
ここまで話してきましたが、Pちゃんがちゃんと思い通りに退職できたのなら、それはよかったと正直思っています。Pちゃんが突然退職をしてしまったことはショックだけど、ストレスで病気になったり、自分を傷つけるようなことがなくてよかったです。

自分を守れるのは自分だけ。

歯科衛生士 退職代行
今すぐ辞めたい歯科衛生士のための退職代行サービスランキング働き方改革がなされて、労働環境はどんどん良くなっています。しかし閉鎖的な歯科医院ではいまだに残業代の未払いや、有給を取らせてもらえないところもあります。高圧的な先生も多くて歯科衛生士さんはなかなか「辞めたい」と言い出せない雰囲気もありますよね。いま話題の退職代行サービスでしっかり有給や未払い金を清算して転職しませんか?弁護士さんがしっかり代行をしてくれるなど、歯科衛生士さんにオススメの退職代行サービスをまとめました。...

ニコイチさんは業界最安値

お金は大切
今回の一件で私なりに色々調べてみたら、退職代行サービスは平均で3~5万円の料金がかかるそうです。Pちゃんが利用したサービスはなんと業界最安値の28000円ポッキリでした。電話応対は丁寧でしたし、Pちゃんとしっかり連絡を取ってくれていたようなので安くてもこちらの代行会社さんはちゃんとしてるなと感じました。

料金が高くて一歩が踏み出せなかった人はぜひチェック!

【退職代行ニコイチ】

仕事を辞めたいと悩んでいる人へ

解放

世の中には、やっぱり自分から辞めたいと言えなくてずっと悩んでいる人もたくさんいます。上記でも書きましたが自分を守るためにこのようなサービスを使うのは逃げではないと思います。悪意のない退職であればそれは正当な権利です。

今回は即日退職された会社側の目線で書きました。今後退職代行サービスを使おうとお考えの方の参考になればよいと思います。

歯科衛生士 退職代行
今すぐ辞めたい歯科衛生士のための退職代行サービスランキング働き方改革がなされて、労働環境はどんどん良くなっています。しかし閉鎖的な歯科医院ではいまだに残業代の未払いや、有給を取らせてもらえないところもあります。高圧的な先生も多くて歯科衛生士さんはなかなか「辞めたい」と言い出せない雰囲気もありますよね。いま話題の退職代行サービスでしっかり有給や未払い金を清算して転職しませんか?弁護士さんがしっかり代行をしてくれるなど、歯科衛生士さんにオススメの退職代行サービスをまとめました。...