子育て

歯科衛生士が選んだ赤ちゃんの歯磨き粉おすすめ5選

今回は赤ちゃんの歯磨き粉についてです!

前々回の“赤ちゃんにフッ素は必要か?”で少しお話ししましたが、基本的にぶくぶくうがいができない赤ちゃんに無理に歯磨き粉を使う必要はないと私は思います。

赤ちゃんは歯磨き粉をすべて食べると考えて、使ってもごく少量にしましょう。

それを踏まえて赤ちゃんにも使える私のおすすめの歯磨き粉をご紹介します。

赤ちゃん歯磨き粉の選ぶポイント

赤ちゃんは歯磨き粉を飲み込む!うがい不要なものを選びましょう

赤ちゃんはブクブクうがいができません。

うがい無しでも大丈夫なフッ素濃度があります。ドラックストアでもいろいろな歯磨き粉が売っていますが、必ずフッ素濃度を確認してから買いましょう。500ppm以下のものを選んでください。

歯磨き粉が使える月齢はいつから?

生後6カ月以上と言われています。それまではそもそも母乳やミルクしか飲まないので無理に磨く必要はありませんし歯磨き粉も不要です。

赤ちゃん歯磨き粉 チェックアップジェル バナナ

価格 420円(税抜き)

一番左のバナナがフッ素濃度500ppmなので6歳以下の子どもに使えます。

生後6か月からOKです。500ppmは赤ちゃんに使えるギリギリの濃度です。

もなか
もなか
我が家はこちらを週1くらいで使っています!濃度がしっかり目なのでスペシャルケア的な使い方です。

バナナフレーバーは好みが分かれるかも。息子は大好きです!

赤ちゃん歯磨き粉 レノビーゴ(スプレータイプ)

もなか
もなか
でも値段がマジでかわいくない…(笑)けど1回ワンプッシュなので長く持ちます!

赤ちゃん歯磨き粉 ピジョン ジェル状歯磨き

もなか
もなか
味はやや甘め。子どもは喜びそうな味です!

赤ちゃん歯磨き粉 オーラルケア ピカキッズ(フッ素なし)

価格 1000円(税抜き)

こちらの歯磨き粉は、フッ素無配合!


フッ素はきちんと使えば安全ですが、それでも心配という親御さんにはこちらがおすすめです。

フッ素が入ってないのに虫歯は予防できるのか?

こちらは独自成分の「ナノ粒子ハイドロキシアパタイト」が歯の表面を修復することに優れているので、虫歯を予防できます。

また汚れを吸着する作用もあるので虫歯菌の活動自体を抑制することができます。

もなか
もなか
お値段は少しお高め。ですがこのリナメルシリーズは歯の凹凸をツルツルにしてくれるので好評です!大人用もあり、下の記事で紹介しています!

ホワイトニングおすすめ歯磨き粉
2020年度版 歯科衛生士が選ぶホワイトニングにおすすめ歯磨き粉歯科衛生士がおすすめするホワイトニング歯磨き粉をまとめました。ホワイトニング用の歯磨き粉は種類もたくさんあってどれが良いのか迷いませんか?今回紹介するものはどれも歯科医院で取り扱っているものなので安心です。ホワイトニングといっても効果もさまざま。自分に合った歯磨き粉を見つけましょう!2019年に出ている種類の最新版です。随時更新していきます。...

 

赤ちゃん歯磨き粉 アロベビー オーガニック

 

価格1500円

アロベビーはオーガニックで有名なベビーケアグッズの大手ですね。

そこから出している歯磨き粉もフッ素不使用です。

虫歯予防は、キシリトールと乳酸菌の働きで予防します。

全て天然成分で作られているのでまさにオーガニック歯磨き粉!

オレンジ風味のジェルでおいしく、赤ちゃんにも受け入れやすい触感になっています。

 

もう一度言う!赤ちゃん歯磨きはフッ素濃度しっかりみてね

今回は私が実際に使ってみたことがある歯磨き粉をご紹介しました。私が使ったことがあるものはほんの一部なので、ほかにも優れた商品があるかもしれません。

買うときは必ずフッ素濃度を確認してお子さんに合ったものを選んであげてください!

私も商品を全部使ってみるとこはできませんが、今後新しい歯磨き粉を使ったら情報を更新していこうと思います。

にほんブログ村 健康ブログ 口腔ケア・口の健康へ
にほんブログ村

赤ちゃんのフッ素は必要?危険?【歯科衛生士がわかりやすく解説】フッ素は虫歯予防に良いと聞いたことがあるけど、赤ちゃんに使って大丈夫なのか心配ですよね。特に0歳児の使用には注意が必要です。でも、ちゃんと知識があれば大丈夫!フッ素についてわかりやすく解説しています。0歳から予防歯科を始めて、一緒に虫歯0を目指しましょう!...