子育て

【0歳児のフッ素】必要?危険?歯科衛生士が解説します

今日はフッ素についてお話します。っといっても専門的な内容は眠くなるので、要点だけサラッとご説明します。もっと端的に早く知りたい!っというパパママは、全部すっ飛ばしてまとめだけみましょう。

フッ素ってなに?

フッ素

歯磨き粉などに入ってるフッ素は、正式にはフッ素化合物っていいます。

それで歯磨きをするとこのような効果が期待できます↓

  1. 歯の表面に作用して歯を強くする
  2. 口の中のばい菌の働きを抑える
  3. ばい菌が歯を溶かす働きも抑えるので結果的に歯の再石灰化が進む

要するに、虫歯の予防につながります

 0歳児にも使ったほうがいい?

赤ちゃんの笑顔

フッ素は生えたての歯に使うと、虫歯になりにくい歯になります

すでに生えそろってる大人が使ってもモチロン効果はありますが、生えたての歯が一番吸収力があり虫歯予防に効果的です。

なので乳歯生えたての0歳児や、永久歯に生え変わり時期の6歳前後~中学生くらいまでは積極的にフッ素を取り入れると良いです。

ただし!

過剰に摂取しすぎると中毒になる可能性も0ではありません

0歳児はブクブクうがいができないので、必要以上のフッ素の使用はやめましょう口に入れた分だけ飲んじゃってるので、そこは加減してください。うがいができない赤ちゃんは、歯医者さんで年に何回かフッ素塗布をしてもらうだけでもOKですよ!

 0歳児に歯磨き粉って必要?

結論から言うと、絶対使わないといけないものではありません。

歯磨き粉の味やにおいを嫌う子もいるし、うがいができないので歯磨き粉が口の中に残って嫌がる子もいます。0歳のときはとにかく楽しくハミガキをしてほしいので、そこは子どものペースに合わせていいと思います。

もし使用できそうなら、フッ素濃度が低いものを選んで使いましょう。

次で濃度についてお話します。

 歯磨き粉はフッ素濃度で選ぼう

歯磨き粉の選択

フッ素の濃度は○○ppmと表記されます。

赤ちゃんに使用するときは500ppm以下のものを選びましょう!

ちなみに6歳を超えればもっと濃度が高いものでも大丈夫です。

一般的なものは900ppmとかですね。

大人用では1450ppmという濃度の歯磨き粉も最近人気ですが、大人のものを赤ちゃんには使わないように!

monaka
monaka
えー?濃度とかみて買うの面倒だし難しそうーと思ってるアナタ。下の記事にオススメ歯磨き粉をまとめてあります!
赤ちゃん 歯磨き粉 おすすめ
【赤ちゃんの歯磨き粉】歯科衛生士が選んだおすすめ4選赤ちゃんの歯磨き粉ってどれが安全なのか迷いませんか?一番の決め手はフッ素濃度!歯科衛生士が実際に選んだオススメをご紹介します。赤ちゃんの歯磨き粉を安全に取り入れて虫歯0を目指しましょう。...

 赤ちゃんにつかう歯磨き粉の適量

上の説明を読んだうえで、赤ちゃんに日常的に歯磨き粉を使う場合、1回の使用量は

切った爪ほどの少量でお願いします。

大人のネイル爪じゃなくて普通の爪ですよ。ほん~の少しで大丈夫です。

 まとめ

  1. フッ素は虫歯予防に効果的
  2. 赤ちゃんにも使えるが無理は禁物
  3. 歯医者さんでフッ素塗布してもらうのが安心
  4. 赤ちゃんの歯磨き粉のフッ素濃度は500ppm以下で。
  5. 赤ちゃんの歯磨き粉の使用量は、切った爪くらいの少量

上手にフッ素を取り入れて、虫歯0を目指しましょう!!最後まで読んでいただきありがとうございました。

赤ちゃん歯ブラシおすすめ
【赤ちゃん歯固め/歯ブラシ】歯科衛生士ママが選んだおすすめアイテムやっと生えてきた赤ちゃんの小さい歯。どんな歯ブラシを使えばいいのか悩みますよね。歯科衛生士ママが実際に使ってよかったものを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!...