子育て

0歳児の歯磨きはいつからするの?歯科衛生士が解説します

0歳児 歯磨き

育児中のお父さんお母さん、お疲れ様です!0歳児の歯磨きについて月齢別にまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。ちなみに歯の写真は息子くんです。

monaka
monaka
歯の生えるスピードには個人差があり、月齢はあくまでも目安です

0歳児の歯磨きっていつからやればいい?

生後3~4ヶ月

生後3か月の口の中

まだ歯がなくてツルツルの歯ぐきです。当然このころはまだ歯ブラシは必要ないのですが、たまに歯ぐきのマッサージをしてあげるといいと思います。

我が家はお風呂に入れているときに、指で唇や歯ぐきをかるーくツンツンさわったり優しく撫でたりマッサージをしていました。

これは口の中に歯ブラシなどを入れる練習になります。少しずつ口の中を触られることに慣れておくと、今後のお手入れがしやすいです。

赤ちゃんと母親 お風呂

あくまでも練習なので、赤ちゃんとのスキンシップの一環として声をかけながら,軽く優しくそして楽しくやってみてくださいね。

※月齢が小さい赤ちゃんは「押し出し反射」といって口のなかに入った異物を押し出そうという舌の動きをします。この反射は生後6か月前後でだんだん衰退していくので、マッサージは赤ちゃんの様子を見ながら無理せず、口の奥まで指を突っ込まないようにしましょう。

赤ちゃん自ら口の中におもちゃなどを入れてハムハムするようになったら、歯固めを与えるのもいいと思います。赤ちゃんのペースでお口の中に物を入れる訓練をしてくれます。

オススメの歯固め・歯ブラシをまとめてあります

生後5~8ヶ月(歯が生えそうになる)

歯が生えそうな歯ぐき
歯が生えてくるのは平均で生後6か月前後と言われています。下の前歯から生えてきます

ちなみに息子くんは生後8か月後半で生え始めました。もっと遅い子もいますので、生え始めが遅くてもあまり心配いりませんよ~!

monaka
monaka
って言っても心配になりますよね。わかるわかる…

歯ぐきがこんもりしてきたら歯が生えてくる前兆です。日に日にどんどん生えてくるのでこの頃は毎日、口の中の写真を撮っていました。ちなみに私の頃はインスタで#ひょっこり歯ん とタグ付けするのが流行ってました(笑)

この時期もまだ歯ブラシは不要です。食事のほとんどが母乳かミルクか初期の離乳食なのでほとんど汚れが付きません。多少汚れていても唾液が洗い流してくれます

マッサージや歯固めだけでOK!

この頃の赤ちゃんはよだれがいっぱい出ますよね。唾液にはお口の環境を整えてくれる良い成分が含まれています。赤ちゃんは自分自身でお口を守っているんですよ。すごい!

生後5~8ヶ月(歯が出てきた)

#ひょっこり歯ん

歯が生えてきた赤ちゃん

少し歯が伸びてきたら、食後に清潔なガーゼやハンカチで歯を拭きましょう。

ティッシュなど口のなかに残る恐れのある素材も物は使わないでください。もし自宅に使い捨てのガーゼなどがあればいいのですが、なければ授乳期に使うようなガーゼハンカチでも大丈夫です。

monaka
monaka
わざわざ買いに行かなくていいです、そんなヒマがあったら子どもとゆっくり昼寝して疲れをとってくださいね

忙しいママに。ネットで買える歯磨き用ガーゼはこちら↓

 

指に巻き付けて、少し水で湿らせて優しく拭きましょう

毎回じゃなくていいです、夜間の授乳の時なんてもちろんしなくてOK。

  • きっちりやろうとしない
  • ママの気持ちや身体に余裕があるときにする
  • 1日数回、練習感覚で拭きましょう

この時期もほとんど唾液で流れて汚れはつきませんのであまり心配しないでくださいね。

生後9~12ヶ月

この時期になると上の歯が生えてくる赤ちゃんも多いです。

monaka
monaka
親御さんは離乳食作りに大忙しですね。私自身はこの時期が寝不足と疲れで一番つらかったです…

離乳食の進みは個人差が出るところですが、食材のバリエーションが増えてきたら本格的に歯磨きを始めていきます。

まず赤ちゃん自身が練習で使う歯ブラシと、お母さんが使う仕上げ用の歯ブラシを用意します。

私が使っている仕上げ用歯ブラシはこちら

使い分けず1本でいいのでは?と聞かれるのですが、赤ちゃんは99%ブラシを噛むので、毛がすぐ開いてボロボロになり、歯ブラシとしての機能が損なわれます。

monaka
monaka
そんなブラシでは短時間で汚れを落とせないので、効率的に歯磨きできません。お父さんお母さん、そこは分けましょう!

赤ちゃんにはおもちゃで遊ぶ感覚で歯ブラシを与えてみてください。初めから口には入れてくれないかもですが徐々にブラシの感触に慣れてくれます。少しでも口に入れられたらたくさん褒めてあげてください!

私が息子に与えていた歯ブラシはコチラ↓

仕上げ磨きのコツ

仕上げ磨きは、はじめのうちは本当にササっとブラシを当てる程度でOKです。

  • 少しずつ磨く時間を増やしましょう。
  • 毎食後ではなく1日1回寝る前だけでいいです。
  • 日中は今まで通りガーゼで拭くだけで良いです。

磨き方は鉛筆持ちで軽い力で磨きましょう。赤ちゃんの歯ぐきはデリケートなので、力が強いと痛いしビックリしちゃいます。

上の前歯の中央から上唇に伸びているスジを上唇小帯といいますが、そこをブラシでこするとめちゃ痛いです。上の歯を磨くときは特に注意して、よけて磨くよう意識してみてください。

上唇小帯

あとがき

ここまでご紹介した内容は、あくまでも教科書に載っているような一般的な流れです。離乳食の進みや歯の生えるスピードには個人差がありますし、歯磨き好きな子も嫌いな子もいます。

まぁ嫌いな子が大半です(笑)

お子様の状態をみて、ベストなお手入れ方法を見つけていきましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました!

赤ちゃん歯ブラシおすすめ
【赤ちゃん歯固め/歯ブラシ】歯科衛生士ママが選んだおすすめアイテムやっと生えてきた赤ちゃんの小さい歯。どんな歯ブラシを使えばいいのか悩みますよね。歯科衛生士ママが実際に使ってよかったものを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!...
赤ちゃん 0歳 フッ素 歯磨き
【0歳児のフッ素】必要?危険?歯科衛生士が解説しますフッ素は虫歯予防に良いと聞いたことがあるけど、赤ちゃんに使って大丈夫なのか心配ですよね。特に0歳児の使用には注意が必要です。でも、ちゃんと知識があれば大丈夫!フッ素についてわかりやすく解説しています。0歳から予防歯科を始めて、一緒に虫歯0を目指しましょう!...