歯のはなし

歯のホワイトニングとクリーニングの違いをわかりやすく解説

歯医者さんでよく聞く、クリーニングとホワイトニング。

似てるけど内容は全く違います!

電話で予約するときに知らないと恥をかくので、しっかり理解して賢く受診しましょう!

 クリーニングとは

クリーニングとは、歯の表面についた汚れをとる事です。歯石や着色(タバコのヤニ、コーヒー紅茶等で付いた茶渋)を専用の器具を使ってキレイにします。

たくさん着色が付いているとクリーニングした後に歯が白くなったように見えるので、これをホワイトニングと勘違いする人が続出します。

あくまでも汚れを取っただけなので、歯自体の色は変わっていません

 クリーニングは保険診療と自費診療の2種類ある

保険診療とは病気に対しての治療に適応されます。

  • 歯石がたまりすぎて歯肉炎・歯周病になっている
  • 汚れが多くて歯ぐきが腫れている

など、治療のための歯石除去・クリーニングであれば保険適用OKです。

ただし何度か歯科に通わなければなりません。

保険適用だと初診で3000円くらいはかかります。

さらに回数が重なれば料金は増えます。

対して

  • 特に病的な状態ではない
  • 予防としてクリーニングしたい
  • 1回できれいにしてほしい

など治療ではないときは自費診療となります。

値段は歯医者さんで異なりますが3000~5000円前後でしょうか。

美容室のカット料金みたいに個々で違うので、電話で確認するのが一番確実です!

 ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、歯そのものの色を現状よりも白く明るくする処置です。すべて自費診療になります。専用の薬液を使用して脱色する…という感じですね。脱色と聞くとちょっと怖いイメージがあるかもしれませんが、とても手軽にできて安全です!お値段は手軽ではないですが…(汗)

 ホワイトニングにも種類がある

詳しく話すと長くなるので簡単に。

  • オフィスホワイトニング(歯医者さんにすべてお任せ!料金は3万~5万前後)
  • ホームホワイトニング(自宅でマウスピースを使って自分でやる!料金2万~3万前後)
  • デュアルホワイトニング(オフィス+ホームのタッグ!セット料金でお得なことが多い)
  • ウォーキングブリーチ(神経がない歯は方法が違います!料金5000円~1万前後)

ホワイトニングと一言で言ってもこんなに種類があります。薬液などもどんどん新しいものが出てきて、今では審美歯科の代名詞ですね。

\まずクリーニングしてみよう/

まとめ

クリーニングとホワイトニング、知れば全然違う処置ですよね。でも元をたどれば、口元を健康的にキレイにしたい!という患者さんの気持ちは一緒だと思います。ぜひ改めてご自分の口元を鏡で確認して、キレイにしたい!と思ったら歯医者さんに相談してください!あ、クリーニング希望かホワイトニング希望か、ぜひ電話口で伝えてください!