子育て

犬に破壊された哀れな赤ちゃんグッズ3点

我が家は6歳になるわんこ(♀)と1歳の息子が同居しています。
まだ息子が0歳児だったころ、あれこれ息子のために用意したものをわんこに何度か破壊されました。今日はいくつかをご紹介します。

もし自宅にある方はワンちゃんの動向に注目!狙われているかもしれません!

こんな人に読んでほしい
  • ワンちゃんを飼っている人
  • ワンちゃんと赤ちゃんが同居している人
  • 同居を考えている人

犬に破壊された赤ちゃんグッズ

お米でできたベビーおもちゃ

価格 4200円

我が子を思って奮発して買ったお米のおもちゃシリーズ。
使いやすくて喜んでハムハムしていたのですが…ちょっと目を離したすきにやられました。

犬にかまれたおもちゃ

歯固めやおしゃぶり系はワンちゃんにとっても大好物。とくにこのお米系はおいしかったのか(?)しばらく放しませんでした。

手作りのフェルトマスコット

犬にかまれたおもちゃ

こちらは妊娠前からせっせと作っていたフェルトのゾウさん。我が子に喜んでもらおうと慣れない裁縫に夢中になっていました。こういうの、ワンちゃんも好きですよね。

こちらも目を離した隙に哀れな姿になりました。ショック過ぎて写真もありません。ベビーへの手作りおもちゃを破壊されると精神的にもつらいので、特に注意しましょう!

使用済みおむつ

赤ちゃんおむつ

これは本当に私の不注意です。夜中におむつ替えをしましが、寝不足と疲労でどうしてもゴミ箱に捨てるのが億劫になりそのまま使用済みオムツを枕元に放置。

朝起きたら隣の部屋でおむつの中身が散らばっていました。(その後病院で誤飲していないか診てもらいました)

ワンちゃんがオムツを食べてしまうと、腸が詰まってしまったりうまく排泄されない恐れもあるので注意しましょう。おむつはニオイが出るのでワンちゃんが気になってイタズラしないように隔離するなど配慮が必要です。

破壊を止める方法

これはズバリ、

わんこの届くところに物を置かない

しかないです。

わんこは悪くありません。むしろ新参者の赤ちゃんに興味津々で赤ちゃんの匂いがついているものはさらに大好物です。悪気があってやっているわけではないのでむやみに怒らず、大人がより一層気をつけて行動していきましょう。

赤ちゃんと犬の生活はとても微笑ましく豊かなものです。この双方の関係を壊さぬよう、今回の私の失敗談がお役に立てばうれしいです。

赤ちゃんと犬の生活